葛飾北斎の春画、琳派、横山大観、平山郁夫など有名画家の複製画販売サイト

芸術世界社 オンラインストア
RSS
 

当社の技術紹介

巧藝画の技術紹介
巧藝画の技術紹介
巧藝画の発展
完全復刻 巧藝画のはじまりは、大正十四年に大倉喜七郎男爵が、多くの人々に日本文化の真髄を身近に感じていただけるよう願い、制作されたことがきっかけといわれております。
巧藝画という名は、横山大観が自ら命名したもので、ひとつひとつの作品が持つ格調や臨場感、画面の質感に至るまでも本画と見紛うまでに表現することによって、余すところなく作品の良さを伝えることが目的でした。
当時、その技法の柱となったのがコロタイプ印刷と、国宝や文化財修復に携わる絵師による手彩色です。
この技術により、広く巧藝画の名は定着したと言えます。
手彩色 しかし、時代の流れとともにデジタル化が進み、コロタイプ特有の材料の入手が困難となり、効率化を重視する現代では目にする機会が減ってきました。現在では、絵師の手彩仕上げを柱に、作品ごとに最適な印刷技術を駆使して、インテリアアートとして最高峰の作品をお届けいたします。

原画より縮尺されたモチーフの緻密な部分や色彩の微妙なニュアンスは、絵師が一作一作手作業で着彩するという、予め綿密に計算された複雑な工程を経て、相当の時間をかけて表現しております。
他の追随を許さない約90年の伝統を誇る複製技術を、ぜひ、あなた様のお手許でご鑑賞いただければそれに優る喜びはございません。

ページトップへ