葛飾北斎の春画、琳派、横山大観、平山郁夫など有名画家の複製画販売サイト

芸術世界社 オンラインストア
RSS
 

葛飾北斎の略年譜

葛飾北斎の略年譜
葛飾北斎自画像
1760年 現在の墨田区亀沢に当たる、江戸割下水に生まれ、幼いころから筆を持ち、絵画に親しむようになる。
1778年 勝川春章に入門。勝川春朗の名を与えられる。
1792年 勝川春章の没後、居場所を無くし、破門同様の扱いを受け、勝川派を去る。
1794年 「俵屋宗理」という琳派の名を名乗る。
1798年 宗理号を譲り、「北斎辰政」「画狂人北斎」と名乗る。
1813年 「戴斗」と名乗る。
1814年 絵手本の代表作「北斎漫画」を刊行
1819年 「為一」を名乗る。
1831年 代表作「富嶽三十六景図」全46図(『凱風快晴』『神奈川沖浪裏』ほか)が完成したとされるのはこの頃で、「波千鳥」収蔵の『願いがかなう』は、このころ制作されたと考えられている。
1834年 「画狂老人卍」の名を名乗っていたとされる。
1848年 93回目最後の引越しをする。
1849年

葛飾北斎について葛飾北斎と春画葛飾北斎の代表作

ページトップへ